プロゲーマーが使っている回線とは?ゲームに必要なスペックを解説

「ラグい」「繋がらない」を無くしたい方へ
オンラインゲーム特化の高速/安定/低遅延のGameWith光がオトクなキャンペーンを実施中!


▶︎1Gプランの料金確認・申込はこちら
▶︎10Gプランの料金確認・申込はこちら
 

オンラインゲームをする上で、回線の質は最重要項目。

実際にeスポーツの最前線にいるプロゲーマーにとっても回線不良は死活問題になります!

そんなゲームを極めたプロゲーマー達がどんな回線に拘って使っているかをこの記事では解説していきます。

プロゲーマーが使っている回線の特徴

プロゲーマーが使う回線の特徴まとめ
  • 低ping値を実現できる
  • 通信速度は「100Mbps」が理想
  • 通信の安定感も大事
  • 時間帯によって混雑しない

プロゲーマーが使う回線で優先する重要なポイントは大きく分けて上記の4つです。

低ping値を出せる回線がおすすめ

ping値とは、コントローラーやキーボードでボタン操作してから実際にゲーム内のキャラが動くまでの「応答速度」のことです。

この値が低ければ低いほどゲームの応答速度が速くなり、快適に遊べるようになります。逆にping値が高いと、サーバーの切断やキャラ操作のラグが頻発して思うようにプレイできません。

リアルタイムで通信の送受信が行われるオンラインゲームでは、「15ms以下」であれば、どんなジャンルも快適にプレイできるでしょう。

ping値って何?

ping値とは、「データの送受信にかかるタイムラグのこと」を指します。値が低いほど優秀な回線となります。

ping値が高いとラグの原因となる

ラグが発生すると起きるゲーム内での挙動
  • キャラ/他プレイヤーの動きがカクカクして、突然ワープする
  • 敵の動作がカクついて攻撃が予測しづらい
  • サーバーから切断される

ping値が高い=ゲームの応答速度が悪い(ラグが発生する)ことを意味します。

プロゲーマーにとっては、他のプレイヤーや敵の動きが固まってまともに攻撃できない状況が続いたり、サーバーから突如切断されるなどの不具合が起きることは致命傷となりえます。この観点から低pingを重要視していることが多いです。

回線速度は「100Mbps以上」が理想

一般的なゲームでは、ゲーム中に必要な最低限の通信量のみ、他のプレイヤーと送受信しています。実際の通信に必要な速度は一般的には5Mbps以下と言われているので、通信速度は10〜30Mbpsあればゲームをプレイする上での問題は起きにくいです。

ただし、アップデートなど大量のデータダウンロードが必要な場面でいち早くダウンロードを済ませて新環境を遊べるので、100Mbpsほどあるのが理想です。

Mbps(回線速度)についての詳しい解説はこちら

Mbpsって何?

Mbpsとは、「1秒間に送受信可能なデータ量を表す単位」です。単純に数値が大きいほど 、通信速度が速くなります。

そのため、ゲームをプレイする上でもこの「Mbps」の値が高いほど高速回線と言えるでしょう!

通信の安定感も大事

ゲームの回線速度も重要ですが「通信が安定していること」も大事にしたいです。ゲームをプレイしている最中に回線が落ちてしまったら話になりませんし、不安定な回線はラグの原因にもなり得ます。

回線には無線と有線の2種類がありますが、当然ながら有線の方が安定します。よって、その点から考えても、ゲームを快適にプレイしたいならば、有線ケーブルを直接自宅まで引き込む「光回線」系のサービス一択です。更に、自宅ではルーターからゲーム機やパソコンまでは「有線LAN」で接続しましょう。

時間帯・状況に応じて混雑しない

回線を利用する人が多い時間帯は、混雑してしまい回線速度が低下しやすくなります。大型アップデート後など人が一気に集まる時間帯は、どうしても混雑しがちです。

混雑しないような対策が取られている回線だと、ストレスを感じずにプレイすることができるでしょう。

IPv6に対応している

「IPv6」とは、「Internet Protocol Version 6(インターネットプロトコルバージョン6)」の略で、インターネットで通信するためのルールのことです。

旧通信方式の「IPv4」から、約340澗(かん)個(340兆×1兆×1兆個)ものIPアドレスを使用できるため、通信速度が高速かつ安定したものになります。

一部のプロバイダは、IPv6に対応していないこともあるので契約時には確認が必須です!

IPv6の詳しい解説はこちら

専用帯域がある回線だと混雑を回避できる

「専用帯域」(データのやり取りをする道路のようなもの)を持つ回線であれば、外部ユーザーを要因とする遅延にも対応できます。

契約者のみが使える帯域のため、他の回線が重くなっている中でも安定した速度を保ちやすいのが特徴です。

ゲームを快適にプレイする上で「専用帯域」であるかないかも大きなポイントになります。

共有回線も非推奨

マンションなどの集合住宅の場合は、共有回線を引いていることが多いです。同じ回線を使っている人が多いとその分通信が遅くなったりします。

また古いマンションだと光回線が部屋まで届いていないことも多いので、もし遅いと感じた場合は管理者に確認してみるのもいいでしょう。

プロゲーマーと同じ回線環境なら「光回線」一択

平均速度
光回線平均速度(下り):328.8Mbps
平均速度(上り):260.9Mbps
ping値:27.2ms
ADSL平均速度(下り):12.7Mbps
平均速度(上り):3.5Mbps
ping値:59.6ms
ケーブルテレビ回線平均速度(下り):170.3Mbps
平均速度(上り):26.9Mbps
ping値:41.9ms
モバイル回線(携帯キャリア)平均速度(下り):105.9Mbps
平均速度(上り):18.5Mbps
ping値:58.4ms

引用:みんなのネット回線速度より(2022年5月の直近3ヶ月データ)

ネット回線には「光回線」や「ADSL」などがありますが、上記の表通り、速度・ping値に優れる光回線が最もゲームにオススメです。

数値を確認すると、ADSLやモバイル回線はやや速度面とping値に不安があり、ラグが発生する恐れがあります。

ケーブルテレビ回線も、下り速度は速いですが、上りの速度はあまり速くないので、特に配信などをする際には不便です。

そんな中、光回線は下りも上りも平均速度が速く、ping値も低いので、快適にラグも少なく理想的なゲームプレイを実現できます。

デメリットとして「工事が必要なこと」と「開通するまでに時間がかかること」という点はありますが、プロゲーマーと同じ快適な回線環境を手にしたい方は「光回線」を利用しましょう。

実際にプロゲーマーが使っている回線は「GameWith光」!

ゲームに特化した回線である「GameWith光」ならゲームをする上で重要な要素を網羅しているため、非常におすすめです。

GameWith光を提供する「GameWith」は、ゲームに関する最新情報や攻略情報、動画配信やeスポーツチームの運営などを行っている企業です。そんなGameWithより、ゲーム向けの光回線が誕生しました。

ゲーマーに向けた回線なので、もちろんプロゲーマーの方も使用できるスペックは持ち合わせています!

GameWith光の公式HPはこちら

実際にプロゲーマー「えいむ選手」も利用

eスポーツ選手である「えいむ選手」もGameWith光を利用しています。

フォートナイトの大会にも出場しており、安定してプレイすることができたとコメントしています。

プロゲーマーは大会や練習以外にも動画配信、投稿などを兼ねている方が多いです。そのため、回線環境が重要な職種の1つでもあります。

「GameWith光」がおすすめな4つの理由

「GameWith光」をおすすめしたい理由は大きく分けて4つあります。

GameWith光の大きな特徴でもあるので、チェックしてみてください。

1.GameWith光の専用帯域を確保

「GameWith光」は専用帯域を確保しています。

従来の回線はさまざまな会社が利用しているもので、時間帯によってはラグが発生し、遅延もひどくなります。

道路の渋滞のように、混み合うことも多いのです。

しかし、「GameWith光」では専用の帯域を確保しているので、外部ユーザーによる遅延を回避でき、大型アップデート後などに起こりやすい遅延にも対応でき、常に低ping値を維持できます。

専用帯域の確保は他社光回線でも中々ない特徴であり、GameWith光が少しだけ料金が高い理由の1つでもあります。

2.混雑を避けられる最新通信方式「IPv4 over IPv6」

「GameWith光」ではDS-Lite方式を利用した新通信方式「IPv4 over IPv6」を採用しています。

光コラボ回線では一般的になりつつあるIPoE方式ですが、GameWith光では「アルテリアネットワークス」が提供する「クロスパス」というサービスを採用しています。

「IPv4 over IPv6」の採用により、低pingで遅延が少なく、快適なゲームプレイが可能となっています。

3.最短距離で各ゲームサーバーと接続

GameWith光は各ゲームタイトルが設置されているサーバーと直接接続しており、サーバーまでの経路が最適化されています。

直接接続する事で、経路が長くかかってしまう他社回線と比べ、経路が短い分ping値を低く抑える事ができ、専用の経路でアクセス集中時のラグを防ぐ事も可能です。

この「最短経路で直接接続」というのは、他社の光回線だと中々ありません。「オンラインゲーム向け」のGameWith光の大きな特徴の1つです。

4.ユーザー数が増えた場合は帯域も増速

光回線はユーザー数が多くなると「帯域」という通信の通り道が逼迫してしまい、通信速度の低下に繋がってしまいます。

そこで、GameWith光ではユーザーが新たに増えた場合でも帯域を増速する事で、通信速度が低下しないよう管理していきます。

利用者が増えて混雑してしまい、通信速度が低下してしまい、低pingを維持できないというのは光回線ではよくある事ですが、GameWith光ではその点、安心して使い続ける事が可能です。

「GameWith光」の料金とキャンペーンについて

戸建てマンション
月額料金(税込)6,160円4,840円
契約手数料(税込)2,200円2,200円
キャンペーン・月額料金が1ヶ月無料
・15日以内なら違約金・月額費用・手数料無料で解約可能

「GameWith光」の月額料金は戸建ての方で6,160円、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は4,840円となっています。

他社の光回線と比べると、少しだけ高めの料金設定となっています。

オンラインゲーム向けの光回線という事で独自の特徴があり、その分コストがかかってしまっています。

現在は月額料金が1ヶ月無料になるキャンペーンと、15日以内なら違約金・月額費用・手数料無料(工事費は自己負担)で解約可能なキャンペーンを実施しています。

「GameWith光」の工事費について

工事費
フレッツ光/コラボ光を利用中の方0円
その他回線を利用中/未利用の方立ち合い工事有り
(屋内配線の新設有り)
ファミリー:19,800円
マンション:16,500円
立ち合い工事有り
(屋内配線の新設無し)
8,360円
立ち合い工事なし2,200円

「GameWith光」の工事費ですが、フレッツ光や光コラボ回線を利用している方は工事費用がかかりません。

その他の回線を利用している方は、立ち合い工事がある場合は19,800円、立ち合い工事なしの場合は2,200円です。標準的な工事費となっています。

GameWith光の公式HPはこちら

GameWith光のプラン確認・申し込みはこちら