PS4の回線速度が遅いときの考えらえれる原因と5つの改善方法を解説

PS4でオンラインゲームをプレイしたり、YouTubeなどを視聴している際、頻繁に回線が遅延したりラグが起きたり、ダウンロードが一向に進まなかったりする方は多いと思います。

今回は、PS4の通信速度が遅い際に考えられる原因や改善方法について一緒に確認していきますので、実践可能なものはぜひマネしていただいて、快適なPS4ライフをお過ごしください。

PS4の回線速度が遅い時に考えられる原因について

PS4の回線速度が遅い際に考えられる原因にはさまざまなものがありますが、その中でも代表的なものは上記の3点です。

それぞれの対処法などについて、一緒に確認していきましょう。

1.使用しているインターネット回線が遅い

PS4の回線速度が遅い理由として考えられる最も大きな理由は、利用しているインターネット回線が遅いことです。

回線には光回線、ポケットWiFi、ホームルーターなどさまざまなものがありますが、モバイル回線を利用している場合は、快適に利用できない事が多いです。

home 5Gなど、最近のホームルーターは速度が安定しているものもありますが、対人ゲームなどは高いスペックが求められるので「ストレスフリーに、サクサク」できるとは言い切れません。

2.PS4やゲームのサーバー側が混雑している

こちら側の問題ではなく、PS4やゲーム側のサーバーが混雑していて、なかなか繋がらない、なんて場合もあります。

特に発売直後のゲームや、人気ゲームのアップデート後はサーバー側がしばらく混雑して快適に動かないことはよくありますので、「アップデート後だけ毎回動きが悪い」という場合は、こちら側ではどうすることもできませんので、アップデート後は少し時間をずらしてプレイするしかありません。

3.使用している通信機器が古い、もしくは故障している

シンプルに、ご利用の通信機器が古い場合、または故障しているという場合もあります。

「故障していては、そもそも接続自体できないのでは?」と思う方も多いと思いますが、実はLANケーブルの断線や、通信機器の一部故障など、不具合が生じていても通信自体はできてしまう場合が多いのです。

それにより、LANケーブルの故障・不具合に気付けないという方も多いので、PS4の通信速度が遅い原因がわからない場合は、一度LANケーブルや周辺機器が故障していないか、確認してみましょう。

4.PSNサーバーがメンテナンス中、もしくは障害が発生している

こちらのケースは「遅い」というより「繋がらない」というケースになります。

PS4でオンラインゲームをする場合、PlayStation Networkにサインインする必要があります。そのため、PlayStation Network(PSN)サーバーがメンテナンスや障害などで停止している場合は、PS4でオンラインゲームが遊べなくなってしまいます。

この場合、メンテナンスの終了か障害の問題解決まで待つしかありません。公式サイトや公式Twitterを確認しつつ、解決するまで待っていましょう。

5.使用しているDNSサーバーに障害が発生している

過去に少しあった事例でして、契約している回線のDNSサーバーに障害が発生し、一部プロバイダだけがインターネットへアクセスできない、という事がありました。

この問題はPS4に限った話ではなく、使用している機器全てでインターネットへ接続できなくなってしまいます。

DNSサーバーのみに障害が発生している場合、DNSサーバーの設定を変更することで解決が可能です。やり方は「5.DNSサーバーに障害が発生している場合の設定」解説しているので、こちらを参照してみてください。

PS4で現在の回線速度を測定する方法

PS4の「インターネット接続を診断する」の使い方
  1. 「設定」を開く
  2. 「ネットワーク」を開く
  3. 「ネットワーク接続を診断する」を選択

PS4は本体にネットワークテスト機能が備わっているため、こちらを利用することで回線速度の計測が可能です。PlayStation Networkサーバーを通して計測するため、PS4で使う際の回線速度として最も適切な数値が算出されます。

簡単にできますので、下記手順で一度試してみてください。

①ホーム画面より右上部分の「設定」を選択します。

②メニューの少し下にある「ネットワーク」を選択します。

③「インターネット接続を診断する」を選択します。

④インターネット接続の診断が始まります。

完了すると、上記画像のように「通信速度「ダウンロード(下り)」「アップロード(上り)」が表示されます。

また、そもそもPlayStation Networkサーバーへのサインインが出来ているかどうか、IPアドレスが取得できているか、という判断もできます。

PlayStation Networkサーバーへのサインインだけできない場合、システムソフトウェアのアップデートをしていないか、PlayStation Networkサーバーが不調である可能性があります。公式サイトを確認してみたり、PSサーバーが落ちているとTwitterのトレンドに掲載されたりするので世間の反応を確認するのも手っ取り早いです。

もし、IPアドレスが取得できない場合は「4.IPアドレスが取得できない場合の解決策」の部分で解説しているので、参考にしてみてください。

PS4の回線速度の改善方法を5つ紹介

ここまでPS4の回線速度が遅い原因の代表例を3つご紹介してきましたが、改善方法についても一緒に確認していきましょう。

PS4の回線速度の改善方法も大きく分けて3つあります。

1.ルーターとPS4を再起動し、ケーブルを挿し直す

まず最も簡単な方法は、ルーターとPS4を再起動し、ケーブルを挿し直すことです。

原始的な方法にも感じられるかもしれませんが、PS4の回線速度が遅い原因の中には、ルーター、PS4のどちらかが軽微なエラーを起こしていたり、ケーブルの接続がうまくいっていないということも多くあるのです。

特に、近年のゲーム機器は昔と比べてさらに精密になっているので、長時間電源を入れっぱなしにしておくと、不具合が起こることも多くあります。

そこで一旦全ての電源を切り、30秒ほど放置してから起動してみましょう。

この方法で回線速度が改善することも多いですし、簡単なので一度試してみてください。

2.LANケーブルを使って有線接続する(cat6a推奨)

LANケーブルを使って有線接続するのもおすすめです。

「無線よりも有線の方が速い」ということはなんとなく聞いたことがある方も多いかもしれませんが、このメカニズムについて簡単に解説すると、無線の場合は間に障害物が入ることも多く、どうしても回線速度が安定しません。

しかし、LANケーブルを使って有線接続すると、もちろん間に障害物が入る余地はありませんので、回線はぐっと安定します。

また、LANケーブルにはさまざまな規格があり、それぞれスペックが異なるのですが、快適にPS4を利用したいならば、「cat6a」という規格を選ぶことをおすすめします。

※cat7を使う必要性はないので、cat6aで大丈夫です。

3.Wi-Fiを使う場合は5GHz帯を使用し、ルーターの配置も見直す

先ほどLANケーブルの利用をおすすめしましたが、WiFiを使う場合の対策も確認していきましょう。

WiFiを利用する場合に周波数は、5GHz帯を利用するようにしましょう。

5GHz帯はWiFi通信の際にのみ利用する周波数帯なので、WiFi以外が干渉しないのです。

他にも周波数には2.4GHzがありますが、これは電子レンジなどと同じ周波数なので、他のものの干渉を受けやすく、速度が落ちやすいのです。

4.IPアドレスが取得できない場合の解決策

IPアドレスが取得できないときに考えられる原因
  • ルーターの設定が間違っている
  • ルーターの不具合(特定のLANポートだけ不具合が発生しているなど)
  • PS4のIPアドレス手動設定に誤りがある
  • 契約しているインターネット事業者側の障害
  • LANケーブルが抜けてしまっている

PS4のインターネット接続診断で「IPアドレスが取得できない」となった場合、考えられる原因は上記の通りです。

まず、ルーターとPS4の再起動、LANケーブルの挿しなおし、出来ればルーター側のLANポートを変更、まで試してみてください。

解決しなかった場合、ルーター設定の見直しとPS4側のIPアドレスの見直しを行ってください。設定方法が分からない場合でも、最近の回線サービスは自動設定だけで繋がる事が多いので、一度自動設定を試してみてほしいです。

上記でも解決しない場合は、契約している事業者側で障害が発生しているか、通信機器周りの不具合の可能性が高く、自力が解決できる可能性が低くなってしまいます。一度、契約している事業者へ確認してみましょう。

5.DNSサーバーに障害が発生している場合の設定

PS4のDNS設定方法
  1. 「設定」を開く
  2. 「ネットワーク」を開く
  3. 「インターネット接続を設定する」を選択
  4. 「LANケーブルを使う」or「Wi-Fiを使う」どちらでも可
  5. どちらの方法でインターネット接続を設定しますか?→「カスタム」を選択
  6. IPアドレス設定→「自動」を選択
  7. DHCPホスト名→「指定しない」を選択
  8. DNS設定→「手動」を設定
  9. 「プライマリーDNS」→「8.8.8.8」
  10. 「セカンダリーDNS」→「8.8.4.4」
  11. MTU設定→「自動」を選択
  12. プロキシサーバー→「使わない」を選択

DNSサーバーが原因で接続できない場合、PS4側のDNS設定を変更する事で接続できるようになります。

上記はGoogleのDNSを使用した場合の例です。プライマリーDNSに「8.8.8.8」、セカンダリーDNSに「8.8.4.4」を入力すると、GoogleのDNSサーバーを利用できます。
※入力する際は小数点も入れてください。

DNSサーバーに障害が発生していない場合は、DNS設定も自動で問題ないでしょう。

注意!DNS設定の変更はあまり効果がない

上記で紹介したDNS設定をGoogleの「8.8.8.8」「8.8.4.4」に設定する、という方法ですが、この設定でゲーム中の動作が改善する事はありません。※DNSサーバーの障害を回避するために使用するのは有効です。

DNSとは「ドメインネームサーバー」の事で、ドメイン名をIPアドレスへと変換する役割を担っています。ドメイン名とは「https://gamewith.jp/」のようなURLのことです。

例えば、URLに「https://gamewith.jp/」と入力し、GameWithのTOPページへアクセスするとします。ユーザーからすると「https://gamewith.jp/」と入力した結果、ページへアクセスできたというイメージになりますが、実際にはIPアドレスへの変換が行われており、この時に「DNSサーバー」へアクセスしています。

この「DNSサーバー」の速度次第で、ドメイン名→IPアドレスの変換にかかる時間が変わるため、Googleが提供するDNSサーバーを設定することで速度が改善する可能性がある、という仕組みなのですが…、

ゲーム中の通信には基本的にドメイン名は使われておらず、直接IPアドレスで通信を行います。そのため、DNSは介さない=DNS設定してもゲーム中の通信の動作は変わらない、という事になります。

また、仮にドメイン名の変換を行う場合があったとしても、基本的には「キャッシュ」というものが残り、一度変換すると変換先を覚えるため、何度もDNSサーバーを介す事はありません。

一度限りのスピードテストの結果が多少良くなる場合はあるかもしれませんが、ゲーム中の動作が快適になる事はないので注意してください。

※設定して遅くなるという訳でもないので、設定していても大丈夫です。

最も効果的なのは「速い光回線」への乗り換え

PS4の回線速度を改善する方法を3つ確認してきましたが、これらの方法は簡単にできる分、効果はあまり高くありません。

「本来のスペック以上の速度が出る」というよりは、「回線の本来のパワーを確認できる」という感じで、回線のスペック自体が根本的に悪い場合は、改善しようがありません。

そこで、上記の対策を施しても改善しない場合は、回線自体を替えましょう。

おすすめの回線は光回線で、とにかく速く、ラグも発生しにくいのです。

PS4を抜群の回線環境で遊びたいなら「GameWith光」がおすすめ

PS4を抜群の回線環境で遊びたいなら、「GameWith光」がおすすめです。

GameWithはゲームに関する最新情報や攻略情報を発信したり、eスポーツチームの運営、ブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」などを開発している、ゲーム関するさまざまな事業を手がける企業です。

そんなGameWithが手がける回線ということで、ゲームをプレイすることに特化しています。

まず、回線の遅延やラグの発生を防ぐために必要な「ping値」に特に注目しており、ping値を改善するためにさまざまな対策をしています。

GameWith光は「光コラボ回線」の一種で、光コラボ回線はフレッツ光の回線を借り受けて各社が展開している回線ですので、利用者が多い分遅延が発生しやすいのですが…、

GameWith光は「独自の帯域」を利用しており、この帯域はGameWith光を契約している方しか利用できませんので、混み合うことが無く、快適にゲームをプレイできます。

他にもセキュリティ対策もしっかりしており、ゲームをプレイする方に是非使って貰いたい光回線です。

GameWith光の公式HPはこちら

「GameWith光」がおすすめな5つの理由

「GameWith光」をおすすめしたい理由は大きく分けて5つあります。GameWith光の大きな特徴でもあるので、チェックしてみてください。

1.GameWith光の専用帯域を確保

「GameWith光」は専用帯域を確保しています。

従来の回線はさまざまな会社が利用しているもので、時間帯によってはラグが発生し、遅延もひどくなります。道路の渋滞のように、混み合うことも多いのです。

しかし、「GameWith光」では専用の帯域を確保しているので、外部ユーザーによる遅延を回避でき、大型アップデート後などに起こりやすい遅延にも対応できます。

専用帯域の確保は他社光回線でも中々ない特徴であり、GameWith光が少しだけ料金が高い理由の1つでもあります。

2.混雑を避けられる最新通信方式「IPv4 over IPv6」

「GameWith光」ではDS-Lite方式を利用した新通信方式「IPv4 over IPv6」を採用しています。

光コラボ回線では一般的になりつつあるIPoE方式ですが、GameWith光では「アルテリアネットワークス」が提供する「クロスパス」というサービスを採用しています。

「IPv4 over IPv6」の採用により、遅延が少なく、快適なゲームプレイが可能となっています。

3.最短距離で各ゲームサーバーと接続

GameWith光は各ゲームタイトルが設置されているサーバーと直接接続しており、サーバーまでの経路が最適化されています。

直接接続する事で、経路が長くがってしまう他社回線と比べると、経路が短い分「ping」が低く抑える事ができ、専用の経路なのでアクセス集中時のラグを防ぐ事も可能です。

この「最短経路で直接接続」というのは、他社の光回線だと中々ありません。「オンラインゲーム向け」のGameWith光の大きな特徴の1つです。

4.ユーザー数が増えた場合は帯域も増速

光回線はユーザー数が多くなると「帯域」という通信の通り道が逼迫してしまい、通信速度の低下に繋がってしまいます。

そこで、GameWith光ではユーザーが新たに増えた場合でも帯域を増速する事で、通信速度が低下しないよう管理していきます。

利用者が増えて混雑してしまい、通信速度が低下してしまうというのは光回線ではよくある事ですが、GameWith光ではその点、安心して使い続ける事が可能です。

5.GameWith eSports Fortnite部門所属「えいむ選手」も利用

eスポーツ選手である「えいむ選手」もGameWith光を利用しています。

フォートナイトの大会にも出場しており、安定してプレイすることができたとコメントしています。

プロゲーマーは大会や練習以外にも動画配信、投稿などを兼ねている方が多いです。そのため、回線環境が重要な職種の1つでもあります。

GameWith光は前述した特徴により快適な光回線となっています。プロゲーマーの方にも是非使って貰いたい光回線です。

「GameWith光」の料金とキャンペーンについて

戸建てマンション
月額料金(税込)6,160円4,840円
契約手数料(税込)2,200円2,200円
キャンペーン・月額料金が1ヶ月無料
・15日以内なら違約金・月額費用・手数料無料で解約可能

「GameWith光」の月額料金は戸建ての方で6,160円、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は4,840円となっています。

他社の光回線と比べると、少しだけ高めの料金設定となっています。オンラインゲーム向けの光回線という事で独自の特徴があり、その分コストがかかってしまっています。

現在は月額料金が1ヶ月無料になるキャンペーンと、15日以内なら違約金・月額費用・手数料無料(工事費は自己負担)で解約可能なキャンペーンを実施しています。

「GameWith光」の工事費について

工事費
フレッツ光/コラボ光を利用中の方0円
その他回線を利用中/未利用の方立ち合い工事有り
(屋内配線の新設有り)
ファミリー:19,800円
マンション:16,500円
立ち合い工事有り
(屋内配線の新設無し)
8,360円
立ち合い工事なし2,200円

「GameWith光」の工事費ですが、フレッツ光や光コラボ回線を利用している方は工事費用がかかりません。

その他の回線を利用している方は、立ち合い工事がある場合は19,800円、立ち合い工事なしの場合は2,200円です。標準的な工事費となっています。

GameWith光の公式HPはこちら

まとめ

今回はPS4の回線速度が遅いと感じている方向けに、回線速度が遅い理由や改善方法などについてご紹介するとともに、おすすめの回線についてご紹介しました。

GameWith光はゲームを快適にプレイすることに特化しているので、PS4をより快適にプレイしたいという方には是非一度使ってみてもらいたい光回線です。